一番安い 自動車 保険

MENU

一番安い任意保険を見つける方法

安い 任意保険 

安い 自動車 任意保険 

格安 任意保険 

激安 任意保険 

安い 自動車 任意保険 

安い 自動車保険 

安い 自動車任意保険 

 

毎年更新が必要な自動車任意保険。面倒だから・・・と去年と同じ保険会社で同じ内容で継続していませんか?
それはもったいないです。もしかしたらあなたの自動車保険の保険料は、もっと安くなるかもしれません!

 

自動車保険の保険料は、年齢や車種、車に乗る頻度、ゴールド免許かどうかなどとともにノンフリート等級による割引率で決まります。

 

ノンフリート等級は6等級からスタートし、1年間無事故であれば1等級上がり最大20等級まであります。
等級によって保険料の割引率が変わります。

 

補償内容は名前がややこしくて、どれが何を補償してくれるのか分かりにくいので図解してみました。

 

一番安い 任意 保険

 

自動車保険は万が一の事故に備えるものですので、事故相手への補償である対人・対物補償は無制限にしておきましょう。
自分に対する補償も手厚いほうが良いですが、その分は保険料に反映しますので毎月の保険料と相談して決めましょう。

 

人身傷害と搭乗者傷害は自分と同乗者への補償ですが、何が違うかというと人身傷害は実際にかかった治療費や損害額を過失割合に関係なく支払うもので、搭乗者傷害はあらかじめ決められた額が支払われるものです。

 

車両保険をつけると保険料が跳ね上がりますし、保険を使って車を修理した場合翌年の保険料が上がるのでつけないという人もいます。
しかし、車の盗難やいたずら、当て逃げなどもあるので、余裕があるならつけておくと安心です。

 

自動車保険の保険料が1番安い任意保険を見つけるには、複数の会社から見積もりを取るしか方法はありません。
そこでオススメなのが、一括見積もりサイトなのです。

 

安い 任意保険 探し方

 

1回情報を入力するだけで、複数の保険会社から見積もりを取ることができます。
同じ補償内容なら、保険料が安い方が嬉しいと思いませんか?

 

簡単便利なのに利用料は無料ですので、ぜひご活用ください。

 

 

 

対人補償

 

対人 任意保険 探し方

 

自動車に乗るなら、任意保険は必要です。
任意保険の中でも、1番重要なのが対人補償です。

 

対人補償は事故を起こした相手の身体への補償であり、ケガをさせたり死亡させたりした場合に支払われるものです。
事故相手への補償なら、車検のときに支払う自賠責保険があるじゃないかと思うかもしれませんが、自賠責保険で補償されるのは最低限の金額です。

 

自賠責では傷害で最大120万円、死亡させても3000万円、後遺障害で75〜4000万円しか補償されません。
例えば、相手を死亡させてしまって賠償額1億円の判決が出たら、自賠責保険で3000万、残り7000万円は自費で払わなければなりません。

 

その7000万円が任意保険の対人保険、無制限ならばすべて保険会社が払ってくれるのです。
だから対物補償は無制限にしておきましょう。

 

任意保険の対人補償は相手を補償するものではありますが、自分も守ってくれる心強い味方です。

 

 

<<トップページ

 

車両保険

 

車両保険 任意保険 

 

車両保険は、自分の車が破損した場合に修理する費用を補償するものです。
車両保険をつけると保険料がぐっと上がりますので、必要なのか迷いますね。

 

車両保険は、事故の時に車を修理するときだけに使われるものではありません。

 

最近多い故意の落書きやいたずらも、犯人が捕まるまでそのまま・・・というわけにいきませんね。結局自分で修理することになります。
車両の盗難や当て逃げの補償もしてくれます。

 

ほかにも、台風や洪水で浸水した車を買い替える費用も車両保険で備えることができます。

 

車両保険は、新車や高級車などはつけたほうがいいと思います。
他の車もできるだけつけたほうが安心ですが、古い車で事故にあったら修理より廃車にするという場合はつけなくてもいいのかもしれません。

 

自分の車の状況や保険料と相談して決めましょう。

 

 

 

対物補償

 

対物 任意保険 探し方

 

対物補償は、事故相手の車やぶつけた時の壁の補修などの費用を補償するものです。
事故の相手に支払うものなので無制限にしておくと安心ですね。

 

自賠責保険では、物損事故の場合などの補償は全くありません。
車をガードレールや電柱、信号機などにぶつけて破損させた場合の自損事故にも備えることができます。

 

ガードレールを破損すると、修理費は2メートルで3〜4万円と言われており、破損した長さによってはかなり高額になることもあります。

 

電柱を破損すると3万円以上工事費用が30万円、電線が切断されて停電が発生すると数百万の損害賠償が来ることも。
恐ろしいですね。

 

信号機を破損させた場合は120万円以上、信号機を倒壊させると、400万円以上かかるとも言われます。
信号機の制御盤だけでも100万円以上かかります。

 

道路標識は大きさにもよりますが、小さいもので10万円〜、大きいもので100万円かかります。
電光掲示板の場合は、基盤が高額で1000万円以上になります。

 

対物補償は事故の相手のためのものと思いますが、本当は自分のためでもあります。
必ず無制限で入りましょう!

 

 

 

 

人身傷害

 

人身傷害 任意保険 

 

人身傷害や同乗者障害は、事故の時に自分の怪我や万が一死亡したり、後遺障害を被った場合に備えるものです。
人身傷害は実際にかかった治療費や精神損害、休業損害などが支払われます。これは、過失割合に関係なく支払われます。

 

搭乗者傷害はあらかじめ決められた金額が支払われます。

 

この2つはお金の支給方法にちがいがあります。
しかし、2つとも入ることもできるし、どちらか一方でも入ることができます。

 

人身傷害は、車内のみタイプと車内・車外ともに補償するタイプがあります。
後者は、徒歩で移動中に車にはねられた場合やタクシーに乗っていた時の事故なども補償してくれます。

 

最近、歩行中に暴走した車にはねられる事故が増えています。
オートマチック車ではアクセルとブレーキの踏み間違えで、急に突っ込んでくることがあります。
そんな自分に予期しない事故にあう可能性も考えると、人身傷害は心強い補償となります。

 

ただ、そんな状況はない方がいいですけどね。

 

 

 

 

葛飾区外壁塗装
北区外壁塗装
千代田区外壁塗装
新宿区外壁塗装
台東区外壁塗装
豊島区外壁塗装
目黒区外壁塗装
塾成績アップ
品川区外壁塗装
中央区外壁塗装
板橋区外壁塗装